便秘がヨーグルトでは改善しない理由とは?

友達に「あのヨーグルトすごく効くよ!」と教えられたのに自分には全然・・・これは本当によくあることなんです。自分の腸がおかしいのか・・・なんて気にする必要はありません。ヨーグルトが効かない理由を知れば悩むのがアホみたいですよ。

いいですか?まず、人間の腸の中ってみんな一緒じゃないんです。みんなそれぞれ違う腸内細菌を持って生きています。NHKスペシャルで腸内フローラの話をやってましたが、腸内細菌って怒りっぽいとか柔和とか、痩せ型肥満型、なりやすい病気とかまで傾向が現れるそうで、性格や体質で考えるとみんな違うでしょ?その感覚と同じくらい人の腸内って一緒ではないんです。

そう・・・そのヨーグルトの菌が友達にはドンピシャだっただけで、あなたには合わなかっただけです。

いや・・・もしかしたら今まで食べたヨーグルトの中に合うものがあったのかもしれませんが、それを1週間毎日最低200g食べましたか?1~2回食べてダメだったと諦めませんでしたか?200gって明治ブルガリアヨーグルトでいうと、このサイズのものに近いです。

180g

これで180gですからもう少し多くないといけないのですが・・・こんな量、毎日食べましたか?食べてない人が多いんじゃないですか?合うか合わないかをまずテストするためにこれだけの量を食べないといけないんです。

しかし・・・ヨーグルトをこれだけ毎日食べるとなると、味がないのは食べ辛いから甘いモノをつい足してしまいますよね?それをやっちゃうとカロリーがたちまち気になります。便秘解消のための対策で太りたくはないですよね(汗)

このようにヨーグルトで便秘対策しようとすると、合う菌を探すためにそれだけ食べなきゃいけないのと、入ってる菌は1~2種類なので当たりにくいことと、カロリーが気になって毎日食べるのはちょっと・・・ということで、実はかなり効率が悪いし、みなさんなかなか出来ない方法なのです。

乳酸菌を摂取するのにそんなに苦労しなくても、もっと手軽に安くノンカロリーで、一度にたくさんの菌が摂取できて合う菌を探しやすい方法があるんですがね~・・・。

>> 自分にドンピシャな菌を簡単に探す方法があります