ある種の便秘には食物繊維が逆効果って知ってますか?

そもそもですが、食物繊維って2種類あるのを知ってますか?聞いたことあると思いますが、食物繊維には水溶性と不溶性があります。読んで字のごとくですが、溶けてドロドロになる食物繊維と、溶けない食物繊維があります。

多分みなさんが「便秘には食物繊維だ!」と意気揚々と食べているのは不溶性のものが多いと思います。レタスやキャベツなどサラダにして食べるものには不溶性が多いんです。

溶けないので繊維がそのまま残り、便のカサを増して腸壁をこすりながら悪玉菌などの有害物もよく絡めとりデトックスにもなる繊維です。ただし、慢性的な便秘の場合、腸の動きそのものが悪いので、のっそり動くうちに水分が吸い取られ固すぎる便になり余計に排出しにくい便になります。

もし、直腸で溜まる直腸性便秘だった場合、元から固い便が直腸で溜まり、さらに水分を取られてカチカチになるわけですから、何をしても解消しない便秘になるので注意です。

便秘の人に有効な食物繊維は水溶性のほうです。海藻類や果物に多く含まれています。ドロドロになって便に含まれると、程よく水分を含んだ柔らかい便になり、さらにカサもある程度増す良い便になります。善玉菌のエサになる成分も含まれてるので腸内環境を良くする働きもあります。

便秘で動きが悪くなってる腸には積極的に送りたいのが水溶性食物繊維です。でも偏ってもダメで、不溶性より水溶性を約2倍とる分量が大事です。わかめたっぷりの海藻サラダなんかは不溶性も水溶性も入って理想的ですね。

しかし知ってますか?腸内環境さえ正常に保っていたら、食物繊維にそんな神経質にならなくてもフツーに好きなものを食べているだけで便秘にはならないことを。

私は今、そんなに野菜に気を使ってません。玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、もやし・・・こんな一般的なものを順繰りで使ってるだけです。海藻もそんなに食べてないかな。でも便秘にはなってません。私もずっと便秘で10年近く悩んだのですが、今は解放されてます。

実は↓こういうことをやってるんです。

>> 10年来の便秘を解消した方法