サラダをいっぱい食べてるのに便秘が治らない理由

サラダってレタスとかキャベツが主ですよね?そして便秘は慢性化して固い出しにくい便で困ってますよね?だとしたらサラダでは治らないです。

レタスとかキャベツとか、一般的にサラダでよく使う野菜は不溶性食物繊維なんです。溶けないので繊維がそのまま残り、便にまじると大きさを増して腸壁を刺激してぜん動運動を活発にしてくれる食物繊維です。

でももうすでに便秘の人は腸の動きそのものが弱くなってます。送るチカラが弱いのに便のカサだけ増しても、移動しにくいし水分は余計に吸われて固い便ができやすくなります。

固い便で困ってる人は水溶性食物繊維のほうを積極的に摂らないといけません。水溶性は消化でドロドロになって程よく柔らかい便を作ります。セルロースやオリゴ糖を含む食品も多いので善玉菌が増える助けにもなるので、便秘の人こそ食べたい繊維です。

海藻類がその代表です。他にはリンゴやバナナなどの果物もそうです。野菜ならごぼう、オクラなど、納豆などの大豆製品にも含まれます。

でも、じゃあ徹底的に水溶性食物繊維を!と思う方もいると思いますがそれはNG。バランス良く食べないと便通はあまり良くなりません。普通なら同じ量を食べればいいですが、便秘の人は水溶性の方を不溶性の2倍に増やす感じで増量します。

しかしなぁ・・・かなり効率悪いですよこの便秘対策。だって繊維を送り込んでるだけで腸内の改善はなんら行ってませんから。食べ続けるのも面倒くさくなるでしょうから、やめたらまた元通りになる可能性大です。

食物繊維の摂取よりも、手軽で簡単で早めに効果が出て、しかも根本的に便秘解消する方法ならあるんですけどね・・・。

>> 手軽で簡単、効果が高く根本的に解消する夢のような方法とは?