コーラックを飲み続けると大腸メラノーシスになる仕組み

コーラックにはセンノシドという成分が含まれています。センノシドはセンナの主成分で、これが大腸メラノーシスを引き起こす成分になります。

便秘薬は大きく分けて刺激性下剤機械性下剤というのがあって、刺激性の方は腸のぜん動運動を起こして便を送る力を強める作用をして、機械性の方はぜん動運動以外の排便に必要な機能・・・例えば水分を多く腸に送って便を柔らかくして排便しやすくする働きがあります。

コーラックは刺激性下剤の方に属していて、センノシドやビサコジルなどの成分により腸を激しく動かします。

しかし、腸というのは本来、副交感神経や食事の刺激で動くもので、必要に応じて適切な動きをする臓器です。それを刺激性下剤で自分の都合に合わせて動かすことを続けると、次第に腸は疲れてしまい自分で動く力を低下させます。

そうなると便秘薬でしか出ないか、量を増やさないと出ない腸になります。これが刺激性下剤の副作用のひとつ「依存性」です。

その同じ頃から徐々に進行してると思われる「大腸メラノーシス」ですが、これは腸の粘膜に色素沈着を起こす症状です。

腸が動かなくなったことと黒い腸になることに何か関係がある気がして怖いのですが、この色素沈着はセンノシド始めハーブ成分の飲み過ぎで、含まれている黒色の色素を粘膜組織が吸収することで起こると言われています。

大腸メラノーシスは腸機能の低下とは別に出てくる副作用と考えていいと思います。ただし、粘膜組織に通常では有り得ないものが染み込んでいるのですから危機感は持ったほうがいいですね。

この「大腸メラノーシス」と腸機能が低下する「依存性」を治すには、下剤を完全に断って腸内改善を行って生活習慣トイレ習慣を変えて、軽度で半年~重度で2年近くかかる場合もあるといいます。

しかしコーラックを飲んですぐに出てくる症状ではないので安心してください。年単位で飲んで初めて出てくる副作用なので、長期に飲んでない方は今のうちに腸内環境を整える便秘対策に切り替えていったほうがいいでしょう。

>> 私もコーラック10錠飲んでいましたが今は完全に卒業できました!