便が固くてどうしても出ない時に考えられること

便が固いのか何なのか、どうしても出ない時や残便感がひどい時がありますね。そこに確かにあるはずで腹痛もあるのに出ないのは本当につらいです。

どうしても便が残ったような感じのするものは便秘のことが多いですが、実はそれだけじゃないんです。

便秘以外で一番多いのはいぼ痔。次に直腸瘤、若い人には稀ですが直腸がん

いぼ痔は異物がありますから、そこまで来てるのに出ない感じがします。なにか挟まってるような感じ。直腸瘤はいきむ習慣がある女性がなりやすいもので、別名直腸ポケットとも呼ばれます。いきむことで直腸が膣側に膨れてそこに便が入り込むんです。直腸がんは出血や便秘下痢の繰り返しや便が細くなるなど初期症状もあるのですが、ほとんど無自覚で残便感の検査で発見されることがあります。

見分けるには、まず浣腸してみましょう。浣腸でスッキリしたら便秘か直腸瘤。スッキリしなければいぼ痔かガン。スッキリしない場合は病院へ行ってください。

次に、スッキリした場合の便秘か直腸瘤かの判断をしていきましょうか。直腸瘤は膣側に膨れるので、膣に指を入れてみればわかります。膣内の肛門側にプクッと大きな膨らみは触れませんか?触れたら直腸瘤による残便感、確認できなければ直腸性便秘の可能性が濃厚です。直腸瘤が発見できれば病院へ行ってください。

ややこしいので切り分け図書いときますね。

ghjkki
(クリックすると拡大します)

直腸性便秘はトイレを我慢しがちで出すタイミングを逃す人がなりやすい便秘です。直腸で溜まっている間に水分を吸収され、カチカチになって出なくなるんです。便って肛門まで降りてこないと出ない仕組みなんです。たとえ下痢になっても固いものは肛門に降りてきませんからいつまでも残るんです。

とりあえず浣腸でなんとかスッキリ出来ましたか?では次にもう塊を残さない対策が必要です。さっそくやってみましょう!

>> もう二度と塊を残さない直腸性便秘の解消法