便が固くて出ない時に選ぶおすすめの薬

便が固すぎて、そこにあるのに出てこない・・・便秘薬を飲んでも溜まってるはずなのに下痢便しか出てこない・・・食事とか運動とかいろいろ対策をしてるのにまったく効かない・・・そんな方が選ぶ薬は「浣腸」「座薬」しかありません。

出口に溜まって出てこない便秘を「直腸性便秘」といいます。これは通常の腸内に滞留する便秘とは違って、むしろ腸内の動きは正常かちょっと遅いくらいなのに、出口ですんなりと出してもらえず、直腸の筋肉を拡張しながら水分を奪われ固くなる便秘のことをいいます。

直腸性便秘になる原因は身体的原因ではなく「出すべきタイミングの時に出せない」ことが原因です。排便の知らせが来ているのに忙しさにかまけてトイレのタイミングを逃してしまう人がなる便秘です。その結果どんどん溜まって、排便センサーが効かなくなって、排便の知らせがなければトイレに行きたいとは思わないのでさらにどんどん溜まってしまうんです。

便秘の話でよく「腸が伸びる」という話が出てきますよね?解消困難な便秘は腸が伸びてるのが原因と。あれは直腸性便秘のことを指します。伸びて便の塊が大きくなって固まるのですから、物理的に肛門から出ないんですね。

便秘薬で上から無理に押し出すと肛門は切れるし、塊のすきまから便秘薬の作用で早く下りてきた下痢便だけ漏れ出ることになります。

3日以上排便欲が来ない場合やどんな対策をしても効かない場合はこの直腸性便秘と思って間違いない感じです。直腸性便秘では便秘薬は禁忌です。飲んで何か副作用があるということではないですが、何も解決にならないから飲むだけ無駄ということです。

3日を過ぎて4日、5日と出ない場合は固い便をとにかく柔らかくしないといけません。根本的便秘解消はそれからです。少し時間はかかりますが直腸性便秘は治りますよ。

>> 浣腸ですっきり出来た後にやって欲しい対策はこちら