便が流れないほど固い!柔らかくしてトイレで悩まない方法

便が流れない・・・私も経験あります(汗)何回流してもなぜか流れないで何か道具を出してきてやっと・・・手間取るし汚いしホント嫌ですよね・・・。

時々トイレつまりを解消しようと、業者が使ってる便を溶かす溶剤を検索している人がいますが、あれはやめといたほうが良いですよ。薬局で売ってますが、劇薬なので印鑑と署名がいりますし、希釈を間違えるとトイレを破損する場合があります。取り扱いが難しいので素人は手を出さないほうが良いです。

hanga-やっぱりラバーカップと針金ハンガーが最強のようです。針金ハンガーで便を崩すように分解するか、ラバーカップで詰まりをとるのが一般的なようです。

こんな面倒くさい事態を避けるためにも便秘は解消したいですが、あぁいう便って4~5日ぶりくらいになんとか出した便じゃないですか?3日くらいの便秘でも流れないことがありますね。

そう、ご想像どおり、アレは便が固すぎるから流れないのです。水分が抜けて質量も重くなってます。程よく水分を含んで水に若干浮くような便でないとスムーズに流れないんです。

こんな便が出る便秘を「直腸性便秘」と言います。トイレのタイミングを逃すうちに直腸の中で溜まり、水分が抜けてカチカチになります。大体の人は便秘薬で無理やり出しているでしょうが、そうやって固い便がなんとか押し出されて流れない事態が発生します。お尻も切れやすいですしね。便秘薬はあまり賢い方法ではありません。

こういう便秘には浣腸が一番です。直接的に出口に近い便を柔らかくして出しやすくするんです。そうすればトイレに流れないということはあまりありません。

浣腸って怖いイメージを持つ方もいると思いますが、慣れてみたらそんなに難しくもないし怖くもありません。むしろ便秘薬より安全なくらいです。直腸性便秘は繰り返しやすいので4~5日溜まってる時は浣腸したほうが後の面倒がなくなっていいですよ。

>> 浣腸でスッキリしたら試してほしい直腸性便秘解消法