固い便を解消!ビオフェルミンもいいけどもっと良い方法

ビオフェルミンって便通異常で病院に行ってもよく処方される医薬品です。薬として普及してるもの、普通は効くだろうと思いますよね。

でも案外ビオフェルミンが効かない人がいるんです。薬ですから最後の神頼み!みたいな感覚で飲む方もいますので効かないなんてまさかです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

実はビオフェルミンって「ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌」の3種しか入ってないんです。腸には届きやすく出来てるので、この3種のどれかが効けば効果は絶大なのですが、人の腸はそれぞれ合う合わない菌があります。みんな一緒ではないんです。

合う菌というのは腸に届くと「善玉菌」に生まれ変わる菌のことです。合う菌が腸に届いてこそ善玉菌が爆発的に増えて腸をたちまち改善するんです。

ここまで説明するとビオフェルミンがなぜ効かなかったのかわかると思います。そう、あなたに合う菌が含まれてないんです。合わない菌も善玉菌の餌になり多少増殖を助けるので無駄ではありませんが、善玉菌の数そのものは増えないので効き方の効率が悪いのです。

本当に腸を改善したいと思うなら、自分の中で善玉菌になる乳酸菌を探さないといけません。普通はみなさん食品で探そうとなさいますがこれも遥かな旅路になります。ヨーグルトも含め、食品単品に含まれる乳酸菌は通常1~2種類程度です。ビオフェルミンよりも当たる確率が落ちます。

便秘や下痢で悩んでる方は本当に多いのですが、合う乳酸菌を摂取すれば仕組み的には改善するはずなんです。でも相変わらず便通異常で悩む方は減らない。みなさんが出来てないのが、合う乳酸菌を毎日摂取することなんです。

毎日摂取したほうがいい理由は、善玉菌の寿命のサイクルは1週間程度で、死ぬ数より生まれる数の方が多くないと善玉菌を優位に保つことは出来ません。しかし私達の生活習慣は欧米化が進んで、悪玉菌が好む環境を作りやすくなってます

乳酸菌を週に2~3回摂取する程度だと、善玉菌を優位に保つことはとても難しいのです。常に保つにはやはり毎日摂るほうが確実なんです。

しかし最後の神頼みビオフェルミンが効かない・・・でも大丈夫です。医薬品ではないですがビオフェルミンよりも効く可能性が高いものがあります。長くなりますので↓次のページでご説明します。

>> ビオフェルミンよりも確実に効くものがあります